FC2ブログ

筑波大学の推薦入試のご質問

お久しぶりです。
学立会の岡です!

最近はおかげ様で、学立会の運営する参考書レビューサイト「大学受験ラボ」の方のアクセス数が増えてきまして、
お問い合わせを多数いただくようになりました。

その中でメールアドレスや電話番号の記載がなく、
質問に返答ができない方に向けて、返答をここに記すことにしました。

これからも世の中の受験生の少しでも役に立てればと思っております!

では本題に入りましょう。

今回質問を寄せていただいたのは都内高校3年生の方です。

質問内容:
「筑波大学の推薦入試を狙っているが、その際にどのような経験があると良いか。」
(個人情報の遵守のため、少し質問の内容を変更しております。)

学立会の回答:
回答に移る前に、まず筑波大学の推薦入試には大きく以下2つの方法が存在します。
①一般公募制の推薦入試
②AC入試(アドミションセンター(AC)入試という自己推薦型の入試)
(参考:http://ac.iit.tsukuba.ac.jp/ac/about/report/

①に関しては、指定校制ではないので注意してください。
大学入試センター試験及び個別学力検査等が免除され
出身学校長の推薦に基づき、書類審査・小論文及び面接又は実技検査により
合格者を決定します。(引用:http://ac.iit.tsukuba.ac.jp/schedule/tokubetsu.html

②に関しては、特に第三者からの推薦状は必要なく、自己推薦書を提出し、その内容を評価され
高評価の人が合格するという入試制度となっています。
今回のご質問はこちらに関してのご質問だと認識しております。

では以下、回答です。
筑波大学のAC入試で必要な経歴は
明確にこれというものはありませんが、
以下の2つ(ないし3つ)のポイントが重要なファクターになってくると考えています。
・第三者から見ても面白い研究を行っており、それが高い評価を得られているか
・研究領域に関して、知見を一定水準以上有しているか
(・これを自己推薦書の中でうまく伝えられるか)

1つ目のポイントに関しては、
昨年の合格者の内の1人は、「XXXX賞」のような第三者から高く評価を受けていたという
ことがわかる賞を受賞したことを推薦書に記載していました。

2つ目のポイントに関しては、
既存の研究を組み合わせて何かの研究を行うだけでなく、
新しい視点を常に持ち、その研究に着手しているかを研究結果から判断するといったところです。
筑波大学はイノベーションを起こしうる跳び抜けた才能を持った人間を集めるために
普通の学力検査で能力をはからず、自己推薦制度を導入しているのだと思います。

これ以上の詳しい回答に関しましては現在調査中のため学立会専用メールアドレス(MAIL:info@gakuritsukai.com)に連絡
もしくは、問い合わせフォームよりご連絡いただければ、調査の進捗をお伝えします。

その他にもご質問などございましたら、ご気軽にご連絡ください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

学立会

Author:学立会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR